車検が切れで運転してはいけない!?罰金と違反点数を知ればもう走れない!

ネットで気軽に安く車検をする方法

車の車検期間をうっかり忘れてしまい、有効期限が切れてしまった場合には公道を走ってはいけないのは知っているけど、ちょっとぐらいなら走ってもいいのではないかと思っていませんか?

実は車検切れで捕まると大変な「罰金」と「違反点数」が発生する事になり、後で悔やんでも悔やみきれないほど後悔する事になってしまいます。

無車検運行の罰金と違反点数
  • 6ヶ月以下の懲役または、30万円以下の罰金
  • 違反点数6点
  • 30日間の免許停止
無保険運行の罰金と違反点数
  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 違反点数6点
  • 30日間の免許停止

車検切れになる場合は自賠責保険も切れる事が多いので「無車検運行」と「無保険運行」の両方の罰金と違反点数が課せられる事になります。

このような重い罰金と違反点数が発生するので、1発で免停となり罰金も50万円近く吹っ飛ぶ事になります。

さらに違反レベルも普通のスピード違反やシートベルト違反などの交通違反とは比べ物にならないほどに重く「赤切符」を切られる事になるので「簡易裁判所」に呼び出される事になります。

車検切れの運行は酒気帯び運転と同レベルのかなり重い交通違反になります。

大損をする事は間違いないのですが、「捕まらなければ大丈夫じゃない?

そう思っていると、新兵器の「可搬式ナンバー自動読取装置」の餌食になってしまいますよ。

車検切れ車両はナンバーを読み取るだけで瞬時に識別される

今までの車検切れの取り締まりは「街頭検査」などをして1台1台車両を止めてドライバーに確認をして、車検切れかどうかを確認していました。

この方法では、実施出来る場所も限られてきますし、出来る時間も限られてくるので、ほんのわずかな台数しか取り締まる事が出来ませんでした。

全国の車検切れ台数は実はこんなにも多い!

※国土交通省参考データ

上画像は一部の都道府県での車検切れ台数の数字ですが、わずか2時間の調査で1台~3台ほど車検切れが確認されています。

国土交通省の調べでは全国で車検切れをしている車両は20万台ほど存在しているらしく、今までのような街頭検査では取り締まる事は厳しいと判断したらしく、新兵器の「可搬式ナンバー自動読取装置」が開発されたようです。

これにより1台1台を停める必要なく、車検切れ車両だけをピンポイントに取り締まれる事が可能になります。

可搬式ナンバー自動読取装置が全国で開始されている

国土交通省は平成30年9月から可搬式ナンバー自動読取装置」を導入して全国で取締を開始しています。

既に、全国5か所(北海道・沖縄・長崎・茨城・兵庫)では3,696台に対して7台の車検切れ車両を取締しています。

この7台の方達は、最初に話した重い「罰金」「違反点数」を課せられる事になるので、免停処分に加えて多額の金額を失う事になります。

では実際にどのような装置なのかは下のイラストのような感じになります。

可搬式ナンバー自動読取装置は設置したカメラによって、車両のナンバーを読み取ります。

普通に走行しているクルマでも簡単に識別する事が可能になり、そして車検切れかどうかも瞬時に識別が可能になります。

こんな感じで瞬時に読み取り、瞬時に車検切れかどうかを識別します。

車検切れの場合は上画像のように「HIT」と赤く出るので、車検切れと識別された車両はカメラの先に待ち構えている警察官に引き込みされて、街頭検査と指導警告をされる事になります。

装置自体も持ち運び可能なので、これから全国各地のあらゆる場所で車検切れ車両を取り締まる事が可能になるので、今後はより広範囲で取締が行われる予定です。

もしもナンバーなどに「クリアカバー」「色付きカバー」などをして識別できなかった場合も警察官に引き留められると思います。

今の基準では、そもそもナンバーカバーを付けてはいけない事になっているので、車検切れでなくても違法改造とみなされる事にもなりかねませんので、もしナンバーカバーを付けている方は外しておいた方が無駄な指摘を受ける事がなくなります。

車検切れをしたら仮ナンバー取得か引き取りに来てもらうのが1番良い

もしも車検切れを起こしてしまった場合には2つの方法があります。

  • 仮ナンバーの取得
  • 整備工場に引き取りに来てもらう

この2つがありますが。

仮ナンバーは市役所などで取得できますが、市役所までにいく交通手段が必要になり費用が750円程度かかる事になります。

車検が完了したらまた仮ナンバーを返却しないといけないので、手間がかかります。

平日仕事の人では、途中で会社から抜け出してくるか、有給などを利用して行うしかありませんし、2回行く事になるのでちょっと負担が大きくなるので厳しいですね。

おすすめなのが手っ取り早く整備工場に引き取りに来てもらう事です。

今はネットだけで支払いと納車までもが完結できるグー車検という車検があるので、わざわざ整備工場に出向かなくても引き取りをしてくれます。

全てネット上で完結できるので、平日仕事で忙しい方には便利な車検サービスですよ。

もしも車検が切れてしまった場合には、わざわざ大きなリスクを背負う事なく最初から引き取りしてくれる車検サービスを利用するのが一番です。

車検の基本料金も一律8,800円なので価格もリーズナブルに済ませる事が出来るので興味が有る方は↓の記事をチェックしてください。

WEBで楽々完結!「グー車検」の評判と口コミは?みんなが選ぶ3つの特徴
毎日仕事で忙しい人やついつい車検の期限を切らしてしまった人にはピッタリな「手軽で」「気軽で」「安い」車検がネット上で予約から納車まで全て完了できるサービスがあります。特に車検内容などは専門的な要素が多く分かりにくい部分がありますが、そういった面倒な部分もスッキリ解決できます。